雛祭りの素朴な疑問

Q.お内裏様とお雛様の並べ方は?

昔は上座である向かって右側にお内裏様を据えました。
しかし、最近は男性が女性をエスコートするのに都合のいい西洋式が広まり、
向かって左にお内裏様、右にお雛様という飾り方が多いようです。

Q.飾る時期や、お片づけは?

飾るのは立春を過ぎた頃から。早い分にはかまいません。
また3月3日の節句が終わったら翌日には片づけ準備、まず人形の顔を包む、埃をはたく、その他は余り神経質にならなくても。
そして紙を被せたら数日はそのまま、天気の良い日に箱へ入れてください。お片づけも、家族揃ってお願いします。
箱にはナフタリンと樟脳を混ぜないで。化学変化をして水分が発生しカビの原因になります。

Q.姉妹の場合、1人ずつ必要?

お雛様はお子様の成長を願うもの、できれば1人に1式飾るのが習わしです。

Q.お母様のお雛様は?

できれば、一緒に飾ってください。役目が終わった人形の付属品はご家庭で処分してください。
人形はお子様の厄を引き受けているので大切に、寺社の人形供養に納めてください。

Q.購入するときのポイントは?

1)まずは種類とご予算。
母方から届くそのままのサイズでいい場合は結構ですが、若夫婦がマンションの場合は
飾る場所や収納場所をあらかじめ決めてから店へお越しください。
2)店頭で、ぜひ質感を。
実物の人形をたくさんご覧ください。その人形だけがもつ質感・重厚感が伝わってきます。
また、店頭では節句の由来や人形の文化などをご説明。愛着深まる品をお選びいただけます。